日米における車検の違い

車検の費用を減らしていく方法

価格競争が行われる自動車整備業では、車検まで値段を下げることが課されています。ドライバーはカー用品にどこまでお金をかけられるかが焦点となり、車検などのメンテナンスは部品ごとで値段が違っていくことを認識しているわけです。自動車を購入すれば、自賠責保険へ加入するなど、いろいろなお金が発生していくので、車検においては可能な限り安く抑えていきたいという本音が垣間見えます。ドライバーと整備業にとって納得できる範囲になれば、利用者が多くなる環境が実現していきます。
車検で最も金額が高くなる点は、ディーラーへの人件費と正規品を用いた部品の交換が関係します。格安で請け負うところは、海外製の互換性がある部品を用いることがあり、コストパフォーマンスを重視しています。どちらを選択していく場合でも、条件に合致すればプロの整備をしてくれるため、状況に応じて賢明な判断をする意識が大切です。同じところで車検を受けている人は、細かい内訳についてよく相談することが大事になってきます。
それから自動車は複数の企業が自信を持って生産した部品で構成されているため、新品で購入した方はできる限り正規ディーラーを利用することが理想です。

アメリカの車検って?

海外に車検がある所はあるでしょうが、ここでは、アメリカの車検について特化して見てみましょう。まず、アメリカには車検はありません。その代わりに、5000~1万マイルに1回サービスを受けなければならないのです。これが、日本にあたる車検なのでしょうが、その頻度は、車社会で、日本よりも断然1日の走行距離が長くなりますから、高くなります。これは、郊外に住んで都会の勤務先に毛バイクほどそうなると言えるでしょう。
その費用に関していえば、値段は、ピンキリと言えます。新車であれば、ディーラーさん、もしくは、車会社によっては、購入後半年から1年はサービスチャージがつかず、決められた箇所の点検をしてくれます。これは、新車ということもあって、点検する場所がほとんどないということもあるので、費用が発生しないので、あまりお得と思わなくてよいでしょう。
そして、このサービスは確かに義務ではありますが、時間がなくて、既定の距離をかなり過ぎていくことになってしまったとなると、余計にお金がかかることがあります。特に延滞金というわけではなく、チェックする箇所が増えるからそうなるので、できるだけ早めにサービスを受けるようにしましょう。